Kitakyushu Sustainable Coastal City 2050

提供: 北九州市立大学国際環境工学部高偉俊研究室
ナビゲーションに移動 検索に移動

International Student Design Competition“Kitakyushu Sustainable Coastal City 2050”


優秀賞受賞


Title:NEW PORT TOWN  

Nakashima Mitsuhiko, Konishi Yui, Fan Liyang, Liu Jianan, Hamada Yuki

NEW PORT TOWN.jpg

Concept

古くから工業都市として発展してきた北九州市。持続可能な環境都市としてより多くの人々を惹きつけることができる新しい港湾都市北九州の姿を提案する。本提案は船を主要交通とした新しい都市交通システムと、北九州市が保有する港湾用地の用途転換とを2本の軸としている。北九州市は約200kmの海岸線のうち80%が人工海岸で港として既に整備されている。そのポテンシャルを生かし、主要交通を自動車から船に移行する。さらに、船の燃料を工場廃熱や廃棄物、自然エネルギーによって賄い、都市全体での交通による環境負荷を低減する。環境汚染で暗いイメージを持ってしまった工場群は、2050年、クリーンなエネルギーセンターとして都市を支える北九州のシンボルとして人々に愛されるようになる。また、現在北九州港湾局が管理する港湾部の広大な土地は、主に工業か貿易として使用目的が厳しく制限され、一般の人々にとっては親しみのない土地である。制限を緩和し、地域に合った様々な機能を付加することによって、人・海・港がより一体となった新しい都市の姿を実現する。


Concept

We propose a new image of the port city Kitakyushu that can attract more people as an environmental sustainable city. We have two important systems in this proposal. First, the new urban transportation systems. Kitakyushu City has about 200km of coastline, and its 80 percent have already been developed as a port on an artificial beach. We have potential advantage to use ferry as major transportation instead of cars. In addition, the ships move using waste heat power from factories and fuel made in waste. The energy of ships is covered by a natural energy to reduce the environmental impact of traffic in the city. In old days, plants were polluting the environment and had the negative image. In 2050, the factory support the city as a clean energy center, and people regain pride in the plant. The other is the conversion of land use in port. The large tracts of land managed by the administration can only be used for industrial or trade (container terminals) now. The Kitakyushu harbor is not familiar with the local people. Easing restrictions on the port area, and adding various features to suit the region, we can realize the new city that more integrated the sea, the port and people.